悪徳業者と思われる業者と契約をしてしまいました。どうすれば良いですか?

騙されていることがわかったら、すぐに契約キャンセルの電話を入れましょう。

契約後8日以内であれば契約を無効にできる「クーリングオフ制度」があります。自分一人で解決することに不安がある場合には、お住まいの都道府県の「消費生活センター」に電話をしてみるのが良いでしょう。

契約する前に悪徳業者かどうかを見極めるためのポイントはありますか?

3つのポイント挙げてみましょう。

①「詳細な見積りを提出し、それについて丁寧な説明をしているかどうか」

数量や単価などが曖昧な見積もりしか提出しない業者は、悪徳業者である可能性が高いです。正確な数字と工事内容が確実に出せて、専門の業者と言えますから、曖昧な返答しか出来ない業者はすぐ断るようにした方がよいでしょう。打ち合わせの時点で提案・工事に対する姿勢が思わしくない業者は、着工後や完工後のアフターサービスについても安心する事が出来ません。

②「工事の保証やアフターフォローについてしっかりと説明しているかどうか」

メーカーの保証書に加えて、工事に対する自社の保証書がある会社は一層安心だと言えるでしょう。メーカーの保証書は、家電に付いている物のと同様に商品の不具合に対する補償ですが、リフォームの施工自体も補償対象となる訳ではありません。メーカーが発行する保証書にプラスして、施工に対する保証書があるかを合わせて確認するようにしましょう。

③「クーリングオフの説明がなされているか、また代金の支払方法が適切であるか」

クーリングオフの説明が無かったり、全額前払いを条件にしている会社は要注意です。
当たり前の事ですが、正しいリフォーム業者の場合、契約後に一定期日以内であれば解約をする事が出来る「クーリングオフ」の説明がある事、入金についても工事金額に応じて「前金・着工金・中間金・完工金」と分けているのが正規な方法です。業者がこれらの説明を濁している場合、悪徳業者である可能性が高いですので、慎重に考える様にしましょう。

悪徳業者にだまされないためにはどうすれば良いですか?

悪徳業者の手口を知ることが大事です。
良くある手口としては、

①大手メーカーや公共機関の職員を名乗り、
「無料で○○診断をさせていただきます。」等と言って家の中に上がりこむ。

②「お宅の屋根がずれていますよ!」、「壁にヒビが入っていて、このままだと大変なことになりますよ!」
と、危機感を煽るような発言をして近づいてくる。

③「近所で工事をするのでご挨拶を・・・」と訪問しておきながら、長時間の営業を掛けてくる。

などが挙げられます。
このような業者が訪ねてきたら、「いつもお願いしている業者さんがいるので結構です。」と、相手にしないようにしましょう。

悪徳業者とはどんな業者ですか?

例えば、飛び込み営業の一部には悪徳業者が紛れているかもしれません。
突然訪問してきて、「今すぐ外壁を塗装しないと、雨漏りが起きてしまいますよ。」などと言った強引な営業手法によって、相場の何倍もする値段での工事を提示してくる業者がいるようです。このような業者は、契約通りの工事をすることもなく連絡がつかなくなってしまうような悪質なものがほとんどです。

「ご近所みなさんやっていますよ」「この価格は期間限定なんです」
例えば、一定時期に展示品販売で商品を特価で出す業者はたくさんありますが、現地調査をろくにしていない段階で金額が既に提示されている様であれば、正当な工事でなかったり、後になって追加請求が出るなんて事にもなりかねません。

大事なお家のメンテナンスには、しっかりと対応してくれる良い業者を選んで慎重に対応していく様にしましょう。

優良な業者を見極めるためのポイントはありますか?

第一のポイントは「価格面のみで選ばないこと」です。
優良なリフォーム業者選びのポイントは様々ですが、例を挙げると

■スピード対応が出来ているか

実際に現地調査に来るまでの、見積もり提出までのスピードは、業者の誠意に繋がります。もちろん依頼時期によって込み合っている期間では、なかなか即訪問が難しい場合もあります。ですが、「今のお困り事について早く力になれたら」という一心で、私どもは迅速な対応させて頂いております。また、「他社が見積りを出すと言ってから連絡が来ない」というお声をお客様から聞くのも少なくありません。「ぱっとホームさんは対応が早くて良かった」とお客様から嬉しい言葉を聞くことが、ぱっとホームでは圧倒的に多く、それが私たちの一つの誇りとなっています。

■「分かりやすい提案」・「要望(予算を含む)を抑えた見積もり」になっているか

現地調査を終えて、お客様からのリフォームのご要望を抑えた見積もりになっているかを確認しましょう。
また、具体的にどうしたいのか決まっていない段階での相談だとしても、そこからどの様なプレゼンテーションをしていくのかが、アドバイザーの腕の見せ所です。納得のいく提案をした業者且つ、予算や工事時期の兼ね合いも見ながら選んでいくのが良いでしょう。

リフォームを考えているのですが、何から始めてよいのかわかりません。

まずはリフォーム会社を探すことから始めましょう。
探すための手段は様々ですが、主に

• ①チラシやタウンページ、CMなどから探す。
• ②店舗やショールームに行ったり、相談会や見学会に参加してみる。
• ③知人の紹介やインターネットを活用して探す。

といった方法があります。


ちなみに弊社の広告媒体としては、
★ 広告チラシの配布(主に週末・頻度未定)
★ ホームページ広告(弊社ホームページの設立)

を主にしております。強引な訪問営業などは一切しておりません。
有難いことに、実際はリピーター様からのご依頼が多くを占めている次第です。対応・施工には自信を持っております。


より良いリフォームをするためのポイントとして、現在お住まいの家に関して不満なところ、不便な点などを書き出したり、リフォーム雑誌などから理想のイメージとなる写真などを切り出しておくことをおすすめします。これによってリフォームの優先順位をつけることができ、工事を担当する業者にも完成イメージを適切に伝えることができます。