リフォームをするのは家を建ててからだいたい何年が目安になりますか?

リフォームを行う箇所によって異なりますが、大まかな目安として例を挙げるならば、

バス・トイレ・キッチン・洗面所などの住宅設備機器は15年~20年
塗装やクロス、フローリングの貼り替えは10年~15年

と言われています。

毎日、一日のうちに何回も使う場所、トイレやキッチンなどの水廻りでは、特にリフォームのメンテナンス時期が早まる傾向にあります。


丁寧に使用していても、例えばトイレのウォシュレットの故障などは、電気機器という事もあり、ご家族が多く使用頻度が高いご家庭では10年に満たない時期で交換する事も少なくありません。毎日開け閉めしている内装ドアの建付けが、年数を経て悪くなるのも仕方のない事です。

建物において、永久に調子の悪くならない事はありません。
築年数はあくまで目安です。
今ある大切なお家を少しでも長く、綺麗なまま過ごしていく為に、時期や症状に応じたリフォームというメンテナンス作業を行うようにしましょう。

よくあるリフォーム・リノベーションに関するご質問

リフォームが終わったら

リフォームのさまざまな判断

リフォームの見積・費用について

リフォームを成功させるために

リフォーム工事が始まったら

取扱い工事について

特殊リフォームについて

メールお問合せ

無料見積り依頼

資料請求

電話お問合せ