相見積りはした方がよいのですか?

費用の相場を知る意味でも、相見積りはとても重要です。

リフォームに至っては、ただお店で商品を買うのと訳が違います。取り扱う商品の割引率や標準工事代金はリフォーム会社によって様々です。また、提示された見積もりで正確な工事が出来るのか、内容を照らし合わせる意味でも「リフォームの相場」相見積もりを取られることをお薦めします。

①予算や要望などの条件は全て同じ内容を伝えるようにしましょう。

同じ条件の下でなければ、比較の対象になりません。
同じ工事内容について、「各業者がどのよう提案をするのか」、「価格はどこまで抑えられているのか」、「アドバイザーの対応 姿勢はどうか」等。そして相見積もりが出揃ったら次のステップとして、じっくりと比較してみて下さい。そして、改めて今回のリフォームで何を重視して決めるのかを考えてみて下さい。

②業者から提示された見積りを他社に見せないようにしましょう。

お客様の要望に沿うようにせっかく作った見積りプランを、他社に見せられたり、値引きのためにしたのでは、業者としてもあまり良い思いはしません。また、このようなことをしてしまうと、結局は業者同士での価格競争になり、材料代を縮小したり工事日程を詰め込んでしまったりという様な、お客様にとって良い見積りプランが得られなくなってしまう、なんて事もあるかもしれません。

よくあるリフォーム・リノベーションに関するご質問

リフォームが終わったら

リフォームのさまざまな判断

リフォームの見積・費用について

リフォームを成功させるために

リフォーム工事が始まったら

取扱い工事について

特殊リフォームについて

メールお問合せ

無料見積り依頼

資料請求

電話お問合せ