高齢者向けのリフォームのポイントを教えてください。

高齢者向けのリフォームをする際のポイントは、

①段差をなくし、床を滑りにくくすることによって安全性を高めること
②階段を緩やかにしたり、廊下や浴室などにも手すりをつけたりして障壁を取り除くこと


です。

近年では将来の事を考えて、高齢になってから大変なリフォームをする前にと、先駆けて高齢者向けリフォームを検討なさっているご家庭も多いようです。

「滑りやすい浴室で足を上げるのが不安なので、手すりや、入浴しやすい浴槽にしたい」
「家全体の段差を解消して、転倒防止をしたい」

など、細かく日常生活を追っていくと、不安点は様々あることかと思います。早めに対処するのに越したことはないので、まずどこから手をつけていいのか分からない方でも、まずはご相談ください。

また、要介護・要支援の認定を受けている方を対象とする場合には、お住まいの自治体により介護保険でリフォームをすることもできます。改修が必要と認められた部分について、限度額(20万円)になるまで複数回の利用が可能です。

補助金の対象工事についての手続きについても、担当が併せて内容を確認しながら対応させて頂いておりますので、こちらもお気軽にご相談ください。

よくあるリフォーム・リノベーションに関するご質問

リフォームが終わったら

リフォームのさまざまな判断

リフォームの見積・費用について

リフォームを成功させるために

リフォーム工事が始まったら

取扱い工事について

特殊リフォームについて

メールお問合せ

無料見積り依頼

資料請求

電話お問合せ