▼【豆知識】結露を防いで快適空間へ ~原因編~

▼【成田市のリフォームコラム】

窓にびっしり!!悩める結露

知っておきたい!結露の原因と影響

こんにちは!夏は過ぎ、秋がやってきました!日中は過ごしやすく、朝晩は少し肌寒いくらいになってきましたね!季節の変わり目、体調には気を付けたいところです。今回は冬に向けて心配な『結露』についてです。冬になると窓の結露に悩まれる方は多いのではないでしょうか。朝から窓についた結露の掃除なんて本当憂鬱ですよね。今回はその結露について発生してしまう原因と結露による影響をご紹介します。
フローリング

【結露はなぜ起きる?】

結露が発生してしまうのは簡単にいうと空気中の水分が冷やされるからです。冬のおうちの窓で考えてみましょう。冬は暖房などでお部屋をあたためますが、あたたかい空気はたくさんの水分を含むことができます。しかし、あたためられた空気が窓ガラス越しに外の冷たい空気に冷やされると空気中の水分が水となって窓に結露としてあらわれるのです。
フローリング

【結露による影響~カビ~】

結露によるトラブルで一番多いのはカビです。結露による湿気の影響で、サッシのパッキンや窓枠、床材、カーテンや壁も黒くカビが発生したりします。カビのお掃除はとても手間がかかり大変ですよね。そして何より怖いのがカビによる身体への影響です。カビは繁殖する際に目に見えない胞子を飛ばし、アトピーやぜんそくなどの健康被害を引き起こします。またカビの胞子による肺炎もあり、お年寄りや幼児が発症すると重症化する場合もあります。
フローリング

【結露による影響~腐食~】

繰り返す結露を放っておくと、窓枠や床、周辺の壁を腐食させてしまいます。壁の下地や断熱材、床下などが腐食してしまうとカビやダニ、シロアリなどの発生原因となります。特にシロアリは湿った木材が好物なので、家の土台や柱などを食べて、家の強度を弱めてしまう可能性があります。腐食は広がると直すのにお金も時間もかかるので、ひどくならないうちにしっかり対策しておく必要があります。
フローリング

【結露による影響~ダニ~】

ダニは室温が高く、湿気が多い場所を好むので、暖められた部屋の結露によって湿気たカーテンなどはダニが発生しやすい場所になってしまいます。ダニは噛まれると非常にかゆく後を引きます。また、ダニの糞もアレルゲンとしてぜんそくやアトピーなどを引き起こします。

どのようにお家を使いたいのか、じっくり考えてみて下さい!

内装リフォームは決して安い買い物ではありません。 ”やってよかった!”と思える、満足のゆく内装リフォームが出来るよう、是非とも参考にして頂けたらと思います。

\もっと事例を見たい方はコチラ/

【内装リフォーム施工事例】

この商品のリフォームをご検討したい方はコチラ

見積依頼

メールお問合せ

無料見積り依頼

電話お問合せ

資料請求

ベターライフリフォーム協会

住宅買取のぱっとホーム住宅販売