【電話受付時間】10:00 ~17:00
【定休日】水曜日

無料見積り依頼はこちら

塗装のメンテナンス時期を見直そう!

こんにちは!ぱっとホームです! 菓子大手の明治は、スナック菓子「カール」の中部地方以東での販売を終了すると発表しました。スナック菓子の競争激化により、1990年代に190億円だった売上高は2015年に60億円程度までに減少していたそうです。毎週の様に新商品が発表されて、今では色々なお菓子が出回っていますよね。昔からの変わらない美味しさをこれからも出来るだけ残していってほしいところですが..。寂しいものですね。さて、今回のコラムは「塗装のメンテナンス時期」についてです。

塗装の最適な塗替えの目安とは? 【➀外壁塗装の目安は10年~】

外壁塗装の目安は10年~と言われています。ですが、塗料の種類によって耐久年数が異なるので、時期が早まる事もあります。劣化が見えてからの時期を過ぎての塗装は、その後の塗装に大きく左右し、家は約3倍長持ちすると言われています。年数に見合った最適なメンテナンスをして、永く大切なお家と付き合っていきましょう。

塗装の最適な塗替えの目安とは? 【➁塗料によって耐久年数・効果が異なる】

塗料の種類にも様々あり、物によって耐久年数や効果が異なります。(塗料それぞれの種類については、また今後のコラムでご紹介させて頂きます。)汚れを分解する、セルフクリーニング効果のある塗料は、耐久年数15年程と一般的な塗料より長いです。性能相応に価格も若干高めですが、美観を維持するのに長けている商品ですので、オススメしています。

こんなサインが出ていたら要注意!
こすると手が白くなる 【➀チョーキング(白亜化現象)】

紫外線や風雨の影響で、塗料に含まれる顔料が劣化して粉状になってしまうのが、「チョーキング現象」です。これを確認するのはとても簡単で、なでるように触ると、劣化した塗料が白い粉の様になって付着します。

こんなサインが出ていたら要注意!
【➁カビ・コケ・藻】

外壁に「カビ」や「コケ」、「藻」が生えてきている場合は、外壁の防水機能が低下しているサインです。劣化して塗装が薄くなっている外壁は雨が染みやすくなっており、更にそこはカビが発生しやすい環境になってしまっています。外観も悪くなってしまうので、早急に対応した方がよいでしょう。

こんなサインが出ていたら要注意!
【➂ひび割れ(クラック)】

外壁にひび割れが起こってしまうのを、クラック(ひび割れ)と言います。1ミリ以上だと塗膜の割れ目から水が浸入してしまう可能性が出てきます。3ミリ以上になると、既に水が中に浸透している場合もあり、構造体の腐食も懸念されます。また、これほどまでの大きいヒビになると、構造体自体の問題でヒビを起こしている可能性も考えられますので、早めの処置を行いましょう。

こんなサインが出ていたら要注意!
【➃天井にシミ】

すでに雨漏りをしている箇所があったり、天井にシミがある場合は、内部への水の侵入が考えられます。美観性のほかに、家を風雨や紫外線から保護する役割があるのが「塗装」です。おかしいなと思うところが少しでもあれば、大事にしないためにも早めに専門の業者に見てもらうようにしましょう。

どのようにお家を使いたいのか、じっくり考えてみて下さい!

内装リフォームは決して安い買い物ではありません。 ”やってよかった!”と思える、満足のゆく内装リフォームが出来るよう、是非とも参考にして頂けたらと思います。
MENU