▼【豆知識】壊れる前に!給湯器の予備知識

▼【豆知識】知っておきたい!給湯器の予備知識

ガス給湯器

こんにちは!ぱっとホームです!
三月下旬時点で、「たけのこ」が品薄により価格が高騰しているそうです。昨年夏の高温、3月の冷え込みで生育が遅れているからなのだとか。毎年この時期になると、母親が皮の付いた大きなたけのこから、色んな料理を作ってくれました。旬の食べ物で季節を感じるのって幸せですよね♪さて、今回のコラムは「ガス給湯器」についてです。

ガス給湯器交換をしよう!.その1

『ガス給湯器ってどう選べばいいのかわからない!』

給湯器を交換をしようと調べてみると、「オート追炊き機能」「給湯専用」など、色々な仕様のガス給湯器が出てきます。ガス給湯器は大きく3種類に分けられますので、まずご家庭で使用しているのはどの型なのか、チェックしてみましょう!

給湯専用ガス給湯器

【1:給湯専用ガス給湯器】

給湯専用ガス給湯器とは、追い炊き機能の無い、給湯のみのガス給湯器です。ほとんどは単身者向けのアパートやマンションなどに取り付けられている事が多いです。「基本シャワーを使用する」、湯船に貯めるけど「追炊きする必要がない」方は、こちらの給湯専用ガス給湯器がよいでしょう。

給湯器うりばをチェックする!

オート機能ガス給湯器

【2:オート機能ガス給湯器】

オート機能ガス給湯器とは、追炊き機能・自動保温付のガス給湯器です。一般的には、この型が戸建・マンション・アパート等の住宅での主流ですので、ご使用になっている方が多いことでしょう。

給湯器うりばをチェックする!

フルオートガス給湯器

【3:フルオート機能ガス給湯器】

フルオート機能ガス給湯器とは、自動で足し湯・追炊きをするガス給湯器です。ご自身でボタンを押さずとも、自動で湯量と温度を判断し沸かしてくれるので、いつでもたっぷり・丁度良い温度のお風呂に入る事が出来ます。

給湯器うりばをチェックする!

ガス給湯器交換をしよう!.その2

『ガス給湯器の号数って何のこと?』

「号数」とは、給湯能力を示すサイズに当たります。適切な号数を使用しないと、シャワーの勢いが足りなかったり、キッチンとお風呂で同時に使った時に水量が減ってしまうといった事に成りかねません。ご家庭のライフスタイルに合ったガス給湯器を選んで、不自由なく使っていきましょう♪

シングルライフ

■16号 <シングルライフの方向け~>

一人でお住いの方や、普段湯張りをせずシャワー使用が基本の方は、この16号が適切です。基本的には一般家庭で使われるガス給湯器の中で、一番号数が小さい型になります。

給湯器うりばをチェックする!

夫婦

■20号 <ご夫婦2人家族向け>

ご夫婦2人住まいの方など、一度に多くのお湯を使わないご家庭では、こちらの20号が良いでしょう。

給湯器うりばをチェックする!

四人家族

■24号 <一般的な四人家族向け>

ご夫婦とお子様二人の、一般的な四人家族向けなのが、こちらの24号ガス給湯器です。キッチン・お風呂・洗面と、使用が重なった場合でも安心してお湯を使える大きさになっています。

給湯器うりばをチェックする!

ガス給湯器交換をしよう!.その3

『交換するなら、高熱効率&節約の「エコジョーズ」を!』

これまでにご紹介した、給湯器の基本邸な選び方と合わせて、高熱効率×節約×エコガス給湯器「エコジョーズ」をご紹介します!

高効率

【Q1.これまでのガス給湯器と何が違うの?】

ガス給湯器「エコジョーズ」は、従来のガス給湯器より高効率になってランニングコストを抑えたおトクなガス給湯器を指します。毎月のガス代が安くなりますし、ガスの使用量が減るので、地球温暖化の一因となるCO2排出量も約12%減少させています。

給湯器うりばをチェックする!

エコジョーズ

【Q2.どういう仕組みでおトクなの?】

エコジョーズのおトクな理由は、「熱効率のアップ」にあります。給湯器内で水を沸かしてお湯にする際にムダに捨てられていた約200℃の「排気熱」を有効利用しているので、従来より少ないガス量でお湯を沸かす事が出来るのです。

給湯器うりばをチェックする!

エコジョーズ

【Q3.どれ位おトクなの?初期費用は?】

エコジョーズは、従来のガス給湯器より金額は高めです。ですがガス使用量がその分少なくなるので、毎月のランニングコストが抑えられます。なので、本体価格の差額をとっても、早くて約1.6カ月で元が取れてしまう計算になります。長く大切に使うことを考えて、賢い給湯器選びをしてみましょう!

給湯器うりばをチェックする!

ご家庭のライフスタイルと比べながら、じっくり検討してみて下さい!

リフォームは決して安い買い物ではありません。 ”やってよかった!”と思える、満足のゆくガス給湯器リフォームが出来るよう、是非とも参考にして頂けたらと思います。

\給湯器うりばはコチラ/

【給湯器うりばへ】

この商品のリフォームをご検討したい方はコチラ

見積依頼

メールお問合せ

無料見積り依頼

電話お問合せ

資料請求

ベターライフリフォーム協会