▼【豆知識】内窓を取り付けよう!

▼【成田市のリフォームコラム】

内窓を取り付けよう!

内窓とは

今年は猛暑ですが、皆様は快適にお過ごしになっていますか?エアコンもフル活動ですよね・・・「内窓」はご存知でしょうか?遮熱効果が高いので、冷房効率も高まり、最近ではリフォームされる方がとても多くいらっしゃいます。内窓とは、現在のサッシの内側に、もうひとつ内窓サッシを取り付けることで、断熱性や防音性をアップさせるというものです。今回は内窓にすることでのメリットをご紹介いたします!
窓

【断熱効果】

昔ながらの窓ガラスは断熱対策がとられていないことが多く、結露がひどかったり、寒かったりと悩まれる方も多いのではないでしょうか。結露は、部屋の外と中の温度差が激しい場合に生じます。内窓を設置することで窓と窓の間に空気の層ができるため、断熱性が高くなります。これにより結露を防ぐことにもつながります。窓を二重サッシにリフォームすることで、年間の冷暖房費が約2万円抑えられるともいわれています。
防音

【防音性が高い】

音には、物を通して伝わる音と、空気を通して伝わる音があります。 二重窓は主に空気音(建物に振動を伴わないジェット機や道路を走る車の走行音・楽器の音・空気を伝わってくる音)などが部屋の中に入りにくくなります。また、室内で発生した生活音の漏洩も防止することが出来ます。
防犯

【防犯】

窓が二重になることで防犯性がアップします。窓から侵入する際には、2枚の窓を割ったり穴を開けたりする必要が出てくるため、侵入に時間がかかります。空き巣などは全体の内7割が5分以内に侵入できないと諦めるそうです。二重サッシを取り付けられた窓を破って侵入するのに5分以上はかかるので、防犯対策として期待できます。
UV

【紫外線をカット】

紫外線は屋外だけでなく、屋内にいても影響があるのをご存知でしょうか? 紫外線がそのまま当たると、人間はもちろんですが、カーテンや家具の色あせも気になります。屋内にいるときでも日焼け止めを塗ったり、家具にUV加工をするのは難しいですよね・・・ですが、内窓を設置することで紫外線を防ぐことができ、内窓の種類によっては高いUVカット率を誇るもの(80%カット)もあります。

どのようにお家を使いたいのか、じっくり考えてみて下さい!

内装リフォームは決して安い買い物ではありません。 ”やってよかった!”と思える、満足のゆく内装リフォームが出来るよう、是非とも参考にして頂けたらと思います。

\もっと事例を見たい方はコチラ/

【内装リフォーム施工事例】

この商品のリフォームをご検討したい方はコチラ

見積依頼

メールお問合せ

無料見積り依頼

電話お問合せ

資料請求

ベターライフリフォーム協会

住宅買取のぱっとホーム住宅販売