▼【豆知識】結露を防いで快適空間へ ~対策編~

▼【成田市のリフォームコラム】

窓にびっしり!!悩める結露

知っておきたい!結露対策

こんにちは!前回のコラムでは結露の原因と影響についてご紹介しました。放っておくとよくない結露ですが、では具体的にどんな対策をしていけばいいのでしょうか。今回は悩める結露の『対策』についてご紹介していきたいと思います。
フローリング

【換気&除湿】

結露対策に重要なのが、空気の流れを作ってあげることです。結露は空気が停滞するところで発生しやすいので、換気扇をまわし部屋の換気をすることがポイントです。朝の結露が気になる場合、就寝中もキッチンやお風呂の換気扇を弱運転するなど換気扇をうまく利用するといいでしょう。また扇風機やサーキュレーターを窓に向けて設置し、窓付近の空気をどんどん入れ替えてしまうことで結露防止につながります。また、エアコンの除湿器を利用して湿気をとることもポイントです。
フローリング

【暖房器具の種類】

結露の大きな原因となっているのが、『暖房器具』です。石油ストーブ・ガスストーブ・石油ファンヒーター・ガスファンヒーターなどは、燃焼時に大量の水蒸気を発生させるため、部屋の湿度が上がってしまい、結露が起きやすい状態になってしまいます。かわりに、エアコンやハロゲンヒーターなどの電気式の暖房器具を使用すると結露の発生を抑えられます。
フローリング

【二重窓】

二重窓とは、既存の窓(サッシ)の内側にもう一つ窓を設置することです。既存窓と新しい窓の間に空気層ができるので、温められた部屋の空気が直接冷やされることがなくなるので、結露を抑制することができます。 また、窓は熱の出入りが一番多い場所です。二重窓でしっかり断熱することで、冷たい外気をシャットアウトでき、部屋の暖房の熱も逃げにくくなります。
フローリング

【エコカラット】

以前のコラムでもご紹介したエコカラット。調湿作用に優れているので、余分な湿気を吸ってくれます。寝室など就寝中の呼気で湿気が発生しやすい場所などに施工し、おしゃれに結露対策するのも素敵ですね。結露だけでなく、脱臭効果も期待できるので一石二鳥です。

<エコカラットについてはこちら↓↓>
成田市のリフォームコラム
▼【豆知識】エコカラットって知ってますか?

どのようにお家を使いたいのか、じっくり考えてみて下さい!

内装リフォームは決して安い買い物ではありません。 ”やってよかった!”と思える、満足のゆく内装リフォームが出来るよう、是非とも参考にして頂けたらと思います。

\もっと事例を見たい方はコチラ/

【内装リフォーム施工事例】

この商品のリフォームをご検討したい方はコチラ

見積依頼

メールお問合せ

無料見積り依頼

電話お問合せ

資料請求

ベターライフリフォーム協会

住宅買取のぱっとホーム住宅販売