▼【豆知識】ユニットバスのお手入れ

▼【成田市のリフォームコラム】

キレイを長持ち

ユニットバスのお手入れ

こんにちは!今回はユニットバスのお手入れ豆知識をご紹介します!ユニットバスはとても清掃性に優れていて、汚れがつきにくく、落としやすい工夫が施されていますが、日々のちょっとした心がけでさらにキレイが長持ちしますよ!またお風呂は家族みんなで使う場所なので、家族みんなでキレイを心がけたいですね♪
フローリング

【入浴後のひと手間!】

入浴後にサッとひと洗い!がポイントです。まず、熱めのシャワーで浴室全体のあかや泡汚れ、石鹸カスを流します。床の隅やカウンター下などもしっかり洗い流すことがポイントです。次に水のシャワーで全体を流します。水のシャワーで流すことで浴室の温度をさげ、カビの発生を予防することができます。シャワーで流すだけのこのひと手間がポイントです。換気扇やリモコンなどの機器類には直接水をかけないように注意してくださいね。
フローリング

【換気でカビ予防】

換気扇をまわす際は、浴室のドアや窓を閉めて換気扇をまわします。窓やドアをあけて換気扇をまわしてしまうと窓から入った空気はそのまま換気扇のほうへ流れてしまうので、浴室内の空気の移動がなく効率よく換気できないのです。換気で大事なポイントは空気の流れを作ることです。窓とドアを閉めて換気扇をまわすことで浴室ドアの通気口や換気弁から新鮮な空気が吸い込まれ、浴室内の湿った空気を排出することができます。換気扇は3時間以上まわし、新鮮な空気を取り入れるため、洗面所のドアや窓を少し開けておくとさらに効率よく換気できます。
フローリング

【追いだき口や風呂釜洗浄】

追いだき口も月に一度フィルターを取り外し、歯ブラシなどでこすり洗いしましょう。フィルターが目詰まりすると希望の温度にならないこともあるようです。最近のものは簡単に取り外し取り付けができますよ。また、湯あかや雑菌が気になる場合にはご使用中の給湯器の説明書を確認のうえ、市販の1つ穴用風呂釜洗浄剤を注意書きに沿って使用してみてください。
フローリング

【浴室換気暖房乾燥機のお手入れ】

換気機能だけでなく、暖房や浴室で洗濯物が乾かせる乾燥機能がついた『浴室換気暖房乾燥機』。ユニットバスとあわせて設置される方が増えています。こちらも1か月に1回もしくはフィルターランプが点灯したら本体側部のフィルターつまみも持ってフィルターを取り外し、フィルターのほこりを掃除機で吸い取りましょう。汚れが落ちないときには中性洗剤をとかしたぬるま湯に浸し、スポンジなどの柔らかいもので汚れを落とします。水洗いし、十分に乾かしてから再度フィルターを取り付けてください。

どのようにお家を使いたいのか、じっくり考えてみて下さい!

ユニットバスリフォームは決して安い買い物ではありません。 ”やってよかった!”と思える、満足のゆくユニットバスリフォームが出来るよう、是非とも参考にして頂けたらと思います。

\もっと事例を見たい方はコチラ/

【ユニットバスリフォーム施工事例】

この商品のリフォームをご検討したい方はコチラ

見積依頼

メールお問合せ

無料見積り依頼

電話お問合せ

資料請求

ベターライフリフォーム協会

住宅買取のぱっとホーム住宅販売