シャッターって必要?

リフォーム写真

台風がくると強風で窓が割れてしまうイメージがありますが、基本手的に窓は風圧に耐えられるようにしてあるので風で割れるということはほとんどありません。飛来物がぶつかることで、窓が割れてしまうのです。窓ガラスが割れてしまうと、ガラスが散乱し、風や雨が室内に吹き込んだりといった二次災害を生み出してしまいます。災害に備え、シャッターや雨戸で窓ガラスを保護できるようにしておきましょう。

【窓ガラスの保護】

リフォーム写真
台風がくると強風で窓が割れてしまうイメージがありますが、基本手的に窓は風圧に耐えられるようにしてあるので風で割れるということはほとんどありません。飛来物がぶつかることで、窓が割れてしまうのです。窓ガラスが割れてしまうと、ガラスが散乱し、風や雨が室内に吹き込んだりといった二次災害を生み出してしまいます。災害に備え、シャッターや雨戸で窓ガラスを保護できるようにしておきましょう。

【防火・防音】

リフォーム写真
雨戸に代わる金属製のシャッターの場合「防火対策」としても有効です。ご近所で火災が発生したときに、一般的な窓ガラスは熱で割れ、外の火が家の中に入ることで延焼に繋がってしまいますが、防火性能のあるシャッターを下ろすことで延焼を食い止める効果が期待できます。 また、「防音」も軽減できます。最近の窓ガラスは遮音性能の高いものが多いですが、シャッターを閉めることによってより効果がアップします。

【採光・採風】

リフォーム写真
窓を完全に防ぐ雨戸やシャッターは、カーテンよりも強力に日光をカットします。現在は採風や採光できるシャッターも多くあります。ルーバータイプのブラインドシャッターであれば、ルーバーの開閉を調節することにより、風を取り入れながら遮熱することも可能です。シャッターの鍵を閉めておけば、窓を開けたまま安心して室内で過ごすことができるので防犯面でも安全です。

【電動OR手動】

リフォーム写真
シャッターには「電動式」と「手動式」があります。電動式は、停電時に開閉できなくなる場合もありますが、近年の電動式シャッターには、停電時も使用できるものが増えていますので、今後問題点は改善されることでしょう。手動式は、将来病気になったり足腰が悪くなった場合、使えなくなる可能性が高いといえます。また、手動による開け閉めが億劫になり、次第にシャッターを使わなくなる可能性があります。 今後もしシャッターの設置を検討されることがありましたら、電動式で考えた方がいいかもしれません。

どのようにお家を使いたいのか、じっくり考えてみて下さい!

”やってよかった!”と思える、満足のゆくリフォームが出来るよう、是非とも参考にして頂けたらと思います。

屋根・外壁・外装リフォーム事例はコチラ