【豆知識】電気温水器とエコキュート

▼【成田市のリフォームコラム】

~電気温水器とエコキュート~

電気温水器とエコキュートの違い

こんにちは!ぱっとホームです!長く続いた安倍政権時代が終わり菅内閣が誕生しましたね。首相が変わったことで私たちの生活にも何か変化が訪れるのでしょうか?期待しつつ一緒に日本を盛り上げていきましょう!今回はごくまれにお客様から電気温水器とエコキュートの違いをご質問頂きますので、それについてお答えします。
画像

【電気温水器とは】

電気給湯器には電気温水器とエコキュートがありますが、お湯のつくり方が違います。『電気温水器』は電熱ヒーターでお湯をつくることです。ヒーター(電熱器)が内蔵された貯湯タンクで電気を使ってヒーターを温め、お湯を作る給湯器です。電気ポットと基本的には同じです。火を使わないので不完全燃焼やガス漏れなどの心配がありません。安全でクリーンな給湯設備です。災害などの非常時には、貯湯タンクに溜まったお湯(お水)を生活用水として使うこともできます。
画像

【エコキュートとは】

省エネ効果が高いと評判の『エコキュート』は、電力会社や給湯機器メーカーの愛称で、正式名称「自然冷媒ヒートポンプ給湯機」として2001年に販売が開始されました。 電気温水器と違い電熱ヒーターを使いません。『ヒートポンプ』というものを使って空気中の熱を集めそれを圧縮し効率的にお湯を作る給湯器です。電気温水器よりも少ない電気で稼働します。電気温水器と同じく、火を使わず非常時には貯湯タンク内のお水(お湯)を使えます。
画像

【外見】

『電気温水器』はお湯を沸かすヒーターが内蔵され湧いたお湯を貯めておく貯湯タンクと一体となっているので、大きな本体があるだけです。貯湯タンクのみの据付けとなるため、それ程スペースはとりません。『エコキュート』はお湯を沸かすヒートポンプとお湯を貯める貯湯タンクが並んで設置されています。ですので、ヒートポンプと貯湯タンクの両方を据付けるための広さが必要です。外見上は電気温水器かエコキュートかというのはすぐにわかります。
画像

【コスト】

商品代金は電気温水器と比べエコキュートの方が高価です。ですが、ランニングコストを見るとエコキュートの方がぐっと安いのです。初期費用が安いのは電気温水器、ランニングコストが安いのはエコキュートとなります。永久に使えるのであれば断然エコキュートがお得ですが、機械は概ね10年〜15年くらいで交換の時期になってしまいます。そのため初期費用や電気代だけを見て、トータル的にどちらがお得になるのかは、はっきりとは言えないのが実情です。

どのようにお家を使いたいのか、じっくり考えてみて下さい!

ユニットバスリフォームは決して安い買い物ではありません。 ”やってよかった!”と思える、満足のゆくユニットバスリフォームが出来るよう、是非とも参考にして頂けたらと思います。

\もっと事例を見たい方はコチラ/

【ユニットバスリフォーム施工事例】

この商品のリフォームをご検討したい方はコチラ

見積依頼

メールお問合せ

無料見積り依頼

電話お問合せ

来店予約

資料請求

ベターライフリフォーム協会

住宅買取のぱっとホーム住宅販売