▼【豆知識】キッチンの浄水器のご紹介

▼【成田市のリフォームコラム】

\どのタイプを選ぶ??/

キッチンの浄水器のご紹介

こんにちは!今回はキッチンの浄水器をご紹介します。キッチンリフォーム時に浄水器の設置を検討される方が増えてきています。家電量販店で購入できる、蛇口にカートリッジを取り付けるタイプから、シンク下にカートリッジを設置する本格的なタイプまで種類は様々。ビルトイン式や浄水器専用独立水栓などは配管工事が必要となるため、ぜひキッチンリフォーム時にご検討ください。
フローリング

【浄水器兼用水栓】

1つの水栓で浄水&原水の両方を使用できるタイプです。吐水のスパウト部分に小型のカートリッジを内蔵しており、吐水口横のレバーで「浄水整流」・「原水整流」・「原水シャワー」に切り替えができます。1つの水栓で切り替えができるので、キッチンも広々。カートリッジの寿命は1日10L使用の場合約4か月。浄水は水のみを流して使用なので、お湯を流さないように水・お湯の切り替えをお忘れなく。
フローリング

【浄水器専用自在水栓浄水カートリッジ内蔵型】

シンクまわりの美観を損なわないシンプルでコンパクトな見た目。浄水器専用の水栓なので、切り替え不要です。カートリッジの交換も水栓のリングをまわして外すだけの簡単仕様。カートリッジの寿命は1日10L使用の場合約4か月。TOTO製品の同梱品のカートリッジは5物質除去ですが、高性能タイプのカートリッジもあり、オプションですが11物質除去へグレードアップも可能です。
フローリング

【浄水器専用自在水栓ビルトイン式】

浄水器本体をシンクの下に収納するビルトイン式なので、水栓まわりがすっきりします。容量の大きな浄水カートリッジのため、飲料用としてだけでなく、炊飯などの調理用としても、きれいでおいしいお水をたっぷり使うことができます。カートリッジの寿命は約1年間。シンク下にカートリッジを収納しているため、1年に1回ですが、キッチン引き出しを取り外して交換が必要です。一般的にビルトイン式は高性能タイプが多いようです。(TOTO製品の場合13物質除去)
フローリング

【浄水器使用の注意】

交換時期の目安を元に定期的にカートリッジの交換が必要です。交換せずに使用を続けると十分な浄水能力が得られなかったり、浄水カートリッジが目詰まりした状態で使用を続けると、破損や水漏れなどの原因となります。いつ交換したか忘れてしまいがちなので、交換した日付をメモしておくことをおすすめします。また、浄水した水は塩素がなく雑菌が繁殖しやすくなっているので、汲み置きなどせず早めに使用しましょう。

どのようにお家を使いたいのか、じっくり考えてみて下さい!

キッチンリフォームは決して安い買い物ではありません。 ”やってよかった!”と思える、満足のゆくキッチンリフォームが出来るよう、是非とも参考にして頂けたらと思います。

\もっと事例を見たい方はコチラ/

【キッチンリフォーム施工事例】

この商品のリフォームをご検討したい方はコチラ

見積依頼