▼【豆知識】押入れをクローゼットにする

▼【成田市のリフォームコラム】

押入れをクローゼットにする

【押入れ→クローゼット】

新年あけましておめでとうございます。本年も社員一同力を合わせより一層のサービス向上を目指し、誠心誠意努力させていただきますので、ご支援、お引立てを賜りますようお願い申し上げます!
さて、年末の大掃除は無事に済みましたでしょうか?私の家は収納が少ないので物を整理するのに本当に苦労しました。押入れの場合は奥行があるので、取り出すのに苦労される方も多いのではないでしょうか・・・思い切って使い勝手の良いクローゼットにリフォームにされるのもいいかもしれませんね。
画像

【押入れへの不満】

「押入れ」にはさまざまなものを入れることができますが、あまり布団を仕舞うこともなくなってきた現代では、生活スタイルに合わないと感じることもあるのでは?お客様から『押入れが使いづらいため物置状態・・・』『何を収納したか忘れた』『押入れが傷んできた』『和室そのものを使っていない』と押入れのご不満を聞くことがあります。
画像

【メリット】

押入れをクローゼットにリフォームすることのもっとも大きなメリットは、押し入れに比べて、着丈の長い服もたたまずに収納できるということはないでしょうか。クローゼットにした場合、押し入れに比べて約3倍も高くなります。ロングコートなどを折りたたむことなく収納できるので、衣類の収納には適しています。押し入れにたたんで収納するとシワになるほか、通気性が悪いので、残念ながら衣類の管理にはあまり適していません。
画像

【一般的なクローゼット】

最も多いリフォームは「一般的なクローゼット」への工事です。一般的なクローゼットのリフォームとは、押入れを完全にクローゼット化するリフォーム工事を指します。引き戸を折れ戸に変更し、中の棚をすべて撤去して、洋服用ハンガーパイプを取り付ける工事です。好きな位置に棚を追加で設置することもできます。通常はクローゼット内はクロスで仕上げることが多いです。
画像

【ウォークインクローゼット】

押入れのスペースをさらに拡張して、「ウォークインクローゼット」を作る方も増えています。ウォークインクローゼットは広い収納スペースに棚やハンガーパイプをたくさん設置することができ、洋服だけでなく靴やカバンといった小物類やスーツケースなどの普段使わない物も収納することができるようになるので、収納力は格段に高くなります。収納すべきものがたくさんある方にとっては、ウォークインクローゼットは憧れですよね。

どのようにお家を使いたいのか、じっくり考えてみて下さい!

内装リフォームは決して安い買い物ではありません。 ”やってよかった!”と思える、満足のゆく内装リフォームが出来るよう、是非とも参考にして頂けたらと思います。

\もっと事例を見たい方はコチラ/

【内装リフォーム施工事例】

この商品のリフォームをご検討したい方はコチラ

見積依頼

メールお問合せ

無料見積り依頼

電話お問合せ

来店予約

資料請求

ベターライフリフォーム協会

住宅買取のぱっとホーム住宅販売