▼【豆知識】建て替えとリフォームどちらがいいの?

▼【成田市のリフォームコラム】

建て替えとリフォームどちらがいいの?

建て替えorリフォーム

こんにちは!ぱっとホームです!いまだに新型コロナウィルスで自粛が続いていますね。そんな中、家にいる時間が長くなり居心地のよい家にするって大切!!と実感している方も多くいらっしゃると思います。古くなった家を思いきって建て替えるかリフォームするかこの機会に考えてみませんか?
画像

【建て替えのメリット】

建て替えとリフォームの大きな違いは、基礎や構造材を全て壊すか、ある程度残すかではないでしょうか。リフォームでは既存の基礎や構造材を活かし、建て替えでは全てを壊し新たに設けます。その為建て替えの場合は理想の間取りを100%実現できます。安定した構造の住宅で最新の住宅性能を得やすく、また不具合に対する保証制度や、住宅ローン制度が充実しています。また新しい建材や工法を取り入れた建築物は、その後のメンテナンスの手間が少なくて済みます。そしてなにより全てが新しくなり、気持ちよく過ごせることではないでしょうか。
画像

【リフォームのメリット】

既存の建具等を活かして無駄を抑えこだわりたい部分にだけ費用を掛けるので通常、建て替えよりもリフォームの方がコストはかかりません。(大掛かりな工事の時は、建て替え費用と変わらない場合もあります)また、建て替えた場合は新たに不動産取得税、都市計画税、登録免許税などがかかり、当然ですが、固定資産税もアップします。リフォームならこれらの税金がかからない上、固定資産税も変わりません。そして長年暮らした家は思い出が沢山!大切な思い出を守りたい方はリフォームがお勧めです。
画像

【建て替えのデメリット】

コストがリフォームに比べ割高になりやすいです。十分使用可能な部分まで解体破棄してしまうので、資源的にも費用的にも大きな無駄が発生してしまいます。また工期が長く、各種税金(不動産取得税、固定資産税、都市計画税、登録免許税など)がかかる上、法律によって、建て替え不可能な場合があります。建て替えの場合は仮住まいが必要になります。仮住まいの費用がかかり、通勤や通学などで苦労するケースもあるので注意が必要です。
画像

【リフォームのデメリット】

デメリットとしては、建て替えに比べ自由なプランが組み立てにくいです。リフォームでは叶えられないプランもあり、どうしても実現したい場合は、建て替えを選択せざるを得なくなります。また大掛かりな間取り変更や増築が必要な場合は、現状にもよりますが、建て替えたほうが手っ取り早いことも少なくありません。劣化が激しい場合、補修費用がそれなりにかかってしまいます。

どのようにお家を使いたいのか、じっくり考えてみて下さい!

内装リフォームは決して安い買い物ではありません。 ”やってよかった!”と思える、満足のゆく内装リフォームが出来るよう、是非とも参考にして頂けたらと思います。

\もっと事例を見たい方はコチラ/

【内装リフォーム施工事例】

この商品のリフォームをご検討したい方はコチラ

見積依頼

メールお問合せ

無料見積り依頼

電話お問合せ

資料請求

ベターライフリフォーム協会

住宅買取のぱっとホーム住宅販売