最新レンジフードの特徴①

キッチンの中で一番掃除が面倒なのはレンジフードですよね。キッチンはそのままでレンジフードだけ交換されたいというお客様からのご相談は当社でも多く頂いています。 一番お手入れが面倒な場所だからこそ、レンジフード選びは重要です。今回は各メーカーごとに代表的なレンジフードをご紹介したいと思います。

メーカーごとのレンジフードを知ろう 【クリナップ】

『洗エールレンジフード』 業界初!縦ボタン1つで油汚れを自動洗浄してくれるお掃除簡単なレンジフードです。およそ月に1度、給湯トレイにお湯を入れ、ボタンを押すだけ。 新構造のファンフィルタ―が、落ちにくい油汚れも約10分で洗浄します。月に1度のボタン洗浄で、約10年間ファンフィルターを交換不要です! 普段は手の届くところだけをサッとふくだけでOKです。お手入れを何よりも簡単にすませたい方にお勧めです。

メーカーごとのレンジフードを知ろう 【TOTO】

『スーパークリーンフード』 フィルターがないのでフィルターの掃除がいらず整流板もサッとひとふきでOK。ノンフィルターなので油によるフィルターの目詰まりはなく、吸い込む力が落ちません。ファンの取り外しは片手でワンタッチで取り外し(4つのみ)ができるので、奥の奥まで簡単に綺麗にすることができます。パーツが外しやすくお掃除しやすい点では評価が高いです。

メーカーごとのレンジフードを知ろう 【パナソニック】

『ほっとくリーンフード』 油汚れを自動でお掃除!10年間ファンの掃除が不要 のレンジフード。 ファンが落とした油が集まる「ラクウォッシュプレート」のお手入れは1年に1回だけ。しかも食洗機で洗えます。普段のお手入れは整流板まわりをサッとふくだけで大丈夫です。但し、残念ながらレンジフードだけの単品販売はしていないそうです・・・

メーカーごとのレンジフードを知ろう 【タカラ】

『ホーロークリーンレンジフード VRA』整流板、グリスフィルター、オイル受け、パネルの汚れやすい4か所をホーローで作っているのでお手入れカンタンです。また、取り外せるパーツは食洗機でも丸ごと洗えます。ファンもワンタッチで取り外し可能な上、親水性なので水だけで汚れが落ちます。

どのようにお家を使いたいのか、じっくり考えてみて下さい!

リフォームは決して安い買い物ではありません。 ”やってよかった!”と思える、満足のゆく内装リフォームが出来るよう、是非とも参考にして頂けたらと思いま