クッションフロアとフロアタイルの違い①

リフォーム写真

こんにちは!ぱっとホームです!2020年も残り僅かとなりました!本当に今年は大変な年でしたね。今年の漢字は「密」と決まってしまうくらい、コロナの年になってしまいました・・・ぱっとホームもなんとか自粛期間を乗り越え営業してまいりました。これもみなお客様のおかげです。本当にありがとうございます。来年もどうぞ宜しくお願いいたします!!では、今年最後のコラムをご紹介します!

【クッションフロアとは?】

リフォーム写真
クッションフロアは、塩化ビニル素材でクッション性のあるシート状の床材です。CFシートとも呼ばれます。 またビニール系素材を使用しているため、洗面所や脱衣所、トイレなどの水廻りの床材として多く用いられています。そしてビニール系素材とは思えないほどの色彩や模様の種類やデザインがあります。価格も低価格なのでとても人気のある床材です。

【フロアタイルとは】

リフォーム写真
フロアタイルとは塩化ビニル素材での床材です。クッションフロアがシート状なのに対し、フロアタイルはフローリング材のようにピースに分かれています。 ピースの形は正方形または長方形が多く、それを並べて貼っていきます。木や石などの天然素材をリアルな質感で再現することができる床材で、クッションフロアよりも高級感のある素材です。実際、近づいて見なければ木のフローリングと見間違えてしまうほどです。

【クッションフロアのメリット】

リフォーム写真
クッション性能に優れていますので、万が一転倒してしまっても、怪我をしにくく安全です。そして水濡れに強い ビニール系のシートのため、水濡れに強くできています。水をこぼしても拭き取るだけで済むため、キッチンや洗面所などの水回りなどにおすすめです。汚れたときは濡れた雑巾などで拭き取ればいいので、掃除やお手入れも楽です。また、シート自体はハサミ等で簡単に切れるので、加工がしやすいのがポイントです。

【フロアタイルのメリット】

リフォーム写真
フロアタイルはメンテナンス性に優れています。 クッションフロアの場合は一部分が破損したり汚れてしまった場合すべて張り替え無いといけませんがクッションフロアは汚れた部分や破損した部分の1枚を変える事で終わります。 また、天然素材のフローリングはワックスが必要ですがフロアタイルはワックスの必要がありません。また、質感がリアルで本物のタイルに見えてオシャレです。
次回のコラムではデメリットについてもご紹介します。

どのようにお家を使いたいのか、じっくり考えてみて下さい!

”やってよかった!”と思える、満足のゆく内装リフォームが出来るよう、是非とも参考にして頂けたらと思います。

内装リフォーム事例はコチラ