▼【豆知識】メリットたくさん!背面収納①

▼【成田市のリフォームコラム】
メリットたくさん!背面収納①

メリットたくさん!背面収納①

キッチン編

近頃では対面キッチンが多く見られます。お客様が来た時にキッチンよりも目につくのが実は背面収納なんです。背面収納はサイズやお値段を考えると、とても大きな買い物ですよね。ですが、選び方のポイントを知っておけば、自分にぴったりと合った製品に出逢う事が出来ます!何よりも、キッチンが華やかでよりオシャレに、使いやすい空間に早変わりします。今回は背面収納の選び方のポイントをご紹介しますので是非参考にしてみて下さい。
背面収納

【据置タイプのメリットとデメリット】

床に直接置く「据置タイプ」と、自宅のキッチンの壁や床に固定をする「造り付けタイプ」に分かれます。据置タイプのメリットでまず挙げられるのは「価格の安さ」です。また、設置に関してもある程度簡単に行う事が出来ます。デメリットは、補強が十分にされていない場合、地震での転倒が不安視されます。また、天井・壁との間に隙間ができ、収納スペースを無駄にしてしまう事、バリエーションが少ないという事が挙げられます。
背面収納

【造り付けタイプのメリットとデメリット】

造り付けタイプのメリットは、まずはその見た目の美しさです!また、床・壁に固定するので耐震性に優れています。設置する場所に応じて寸法を決めたり、収納の組み合わせを使い勝手に応じてアレンジできるので、自分でオリジナルの背面収納をカスタマイズできます。デメリットとしては、据置タイプと比べると価格が高く、設置するには工事が必要になるという点です。
成功

【家具メーカー品?orキッチンメーカー品?】

造り付け型にも家具メーカーのオーダーメイドタイプかキッチンメーカーのセミオーダータイプのどちらかを選ぶ必要があります。
また、それぞれにメリット・デメリットがあります。大きな買い物なので寸法などもきちんと図るのは勿論の事、どちらが自分の家に合っているのかじっくりと検討するのが失敗しないコツです。
ショールーム

【家具メーカー品のメリットとデメリット】

家具メーカー品のメリットは、ミリ単位まで細かなサイズ調節が可能なことです。レイアウト、デザイン、材質などを決める際の自由度があります。ただ、ひとつひとつ手作りになる分、価格が高くなります。
オーダー品

【キッチンメーカー品のメリットとデメリット】

キッチンメーカー品のメリットは、オーダーメイドと比べコストが安いのが特徴です。また、ショールームで実際に見ることができます。家電収納ユニットなど、機能性の高いユニットを選ぶことが可能です。デメリットとしては、ミリ単位のサイズ合わせができない点です。

次回のコラムでは、キッチンメーカー品の背面収納についてご案内いたします。
 

どのようにシステムキッチンを使いたいのか、じっくり考えてみて下さい!

システムキッチンリフォームは決して安い買い物ではありません。 ”やってよかった!”と思える、満足のゆくシステムキッチンリフォームが出来るよう、是非とも参考にして頂けたらと思います。

\もっと事例を見たい方はコチラ/

【システムキッチンリフォーム施工事例】

この商品のリフォームをご検討したい方はコチラ

見積依頼

メールお問合せ

無料見積り依頼

電話お問合せ

資料請求

ベターライフリフォーム協会

住宅買取のぱっとホーム住宅販売