結露を防いで快適空間へ~原因編~

こんにちは!夏は過ぎ、秋がやってきました!日中は過ごしやすく、朝晩は少し肌寒いくらいになってきましたね!季節の変わり目、体調には気を付けたいところです。今回は冬に向けて心配な『結露』についてです。冬になると窓の結露に悩まれる方は多いのではないでしょうか。朝から窓についた結露の掃除なんて本当憂鬱ですよね。今回はその結露について発生してしまう原因と結露による影響をご紹介します。

【結露はなぜ起きる?】

リフォーム写真
結露が発生してしまうのは簡単にいうと空気中の水分が冷やされるからです。冬のおうちの窓で考えてみましょう。冬は暖房などでお部屋をあたためますが、あたたかい空気はたくさんの水分を含むことができます。しかし、あたためられた空気が窓ガラス越しに外の冷たい空気に冷やされると空気中の水分が水となって窓に結露としてあらわれるのです。

【結露による影響~カビ~】

リフォーム写真
繰り返す結露を放っておくと、窓枠や床、周辺の壁を腐食させてしまいます。壁の下地や断熱材、床下などが腐食してしまうとカビやダニ、シロアリなどの発生原因となります。特にシロアリは湿った木材が好物なので、家の土台や柱などを食べて、家の強度を弱めてしまう可能性があります。腐食は広がると直すのにお金も時間もかかるので、ひどくならないうちにしっかり対策しておく必要があります。

【結露による影響~腐食~】

リフォーム写真
二重窓とは、既存の窓(サッシ)の内側にもう一つ窓を設置することです。既存窓と新しい窓の間に空気層ができるので、温められた部屋の空気が直接冷やされることがなくなるので、結露を抑制することができます。 また、窓は熱の出入りが一番多い場所です。二重窓でしっかり断熱することで、冷たい外気をシャットアウトでき、部屋の暖房の熱も逃げにくくなります。

【結露による影響~ダニ~】

リフォーム写真
ダニは室温が高く、湿気が多い場所を好むので、暖められた部屋の結露によって湿気たカーテンなどはダニが発生しやすい場所になってしまいます。ダニは噛まれると非常にかゆく後を引きます。また、ダニの糞もアレルゲンとしてぜんそくやアトピーなどを引き起こします。

どのようにお家を使いたいのか、じっくり考えてみて下さい!

”やってよかった!”と思える、満足のゆくリフォームが出来るよう、是非とも参考にして頂けたらと思います。

内装リフォーム事例はコチラ