【▼豆知識】雨漏り対策



▼【成田市のリフォームコラム】

~雨漏り対策~

【安全点検】

9月に発生した台風15号で被害に合われた方々も多いのではないでしょうか。被害を受けられた皆様には心からお見舞い申し上げます。台風などの自然災害で屋根の瓦などが外れて、雨漏りが起きた場合、慌ててしまいますよね。台風前の安全点検で基本必要なのは「屋根まわり」「雨どい」「外壁チェック」「窓まわり」です。今後の参考にして頂けると嬉しいです。
画像

【屋根】

台風後よくあるのが屋根にかぶせてある板金がめくれた、外れて落ちたという被害です。中にある木の芯材が腐食していると釘が抜けやすく、強風で外れやすくなります。屋根に詰められた漆喰が崩れていないか、板金がキチンと止まっているか、腐食は無いか確認するといいでしょう。また10年以上点検をしていない場合は早めに点検する事をお勧めします。(※高所の点検は専門業者に依頼しましょう)
画像

【雨樋】

台風被害では、雨どいが外れ、家のまわりが水浸しになったというケースがあります。それどころか雨どいの不具合を放っておくと、雨水の浸水で外壁や土台の腐食が進んでしまいます。雨どいの外れや歪みが無いか、ヒビ割れ、ねじれがないか、つまりがないか、日頃から点検しておくといでしょう。
画像

【外壁】

雨漏りは屋根からだけではありません。巻き上げる風で、普段は入らない外壁面から雨水が侵入し雨漏りすることがあります。壁にヒビや隙間が無いか確認し、バルコニーや庇、サッシや雨戸などの取付け部に劣化が無いか、電線や配管差し込み部に異常が無いかを見てみましょう。外壁に開けた穴のスキマを埋めたコーキングが劣化し、雨漏りする場合もあります。
画像

【窓と雨戸】

植木鉢や洗濯物干しセットなどが飛ばされてしまうとご近所にも被害を及ぼす可能性があります。飛んできた植木鉢によって窓が割れてしまったらガラスが散乱し、人がいれば大変な事になります。ガラスが割れた時に破片が飛び散るのを防ぐために、内側からガムテープをタテ、ヨコ、ナナメに貼っておくと飛散防止になります。雨戸や網戸にがたつきが無いか、スダレやよしずは取外し、外付けブラインドの留めを確認し畳んでおき、植木鉢は家の中や物置に片付ける等、台風に備える事が必要です。

どのようにお家を使いたいのか、じっくり考えてみて下さい!

外装リフォームは決して安い買い物ではありません。 ”やってよかった!”と思える、満足のゆく外装リフォームが出来るよう、是非とも参考にして頂けたらと思います。

\もっと事例を見たい方はコチラ/

【外装リフォーム施工事例】

この商品のリフォームをご検討したい方はコチラ

見積依頼

メールお問合せ

無料見積り依頼

電話お問合せ

資料請求

ベターライフリフォーム協会

住宅買取のぱっとホーム住宅販売